アトピーは原因が沢山

アトピーといえば子供が赤みを帯びた肌で痒さを我慢しているイメージがあります。時に包帯を巻いたりなど大人でも我慢するは大変な状態も小さい体で我慢を強いられている姿を見ると切なくなります。子供だけでなく大人になってからも発症する人もいます。病院に行くとステロイド剤を処方され薬の副作用や癖になったりしないかなどの心配をする人が多くいて、病院に行く事が億劫になり悪化させてしまったり自分で調べた事や人伝いに聞いた事を実践して悪化させたりしてしまいます。

季節によって症状が悪化してしまう人もいます。春は花粉や黄砂肌が刺激されて反応してしまったり、夏は紫外線と汗の刺激が痒みを増してしまいます。乾燥に無縁のような夏もクーラーの効いた部屋に長時間いると肌が乾燥してしまいます。冬は乾燥しやすくかゆみが増します。出来やすい部分もあり基本は全体にどこにでも出来るのですが、膝の裏やひじの内側顔など特に出来やすくなります。アトピーの方は肌が乾燥してかゆみから始まり引っかき傷から出血して体液がジュクジュクしてしまう事もあります。

炎症もアトピーの特徴ですがもう一つの特徴に乾燥肌があります。乾燥して痒くなるので掻いてしまうと悪化して炎症を起こすと繰り返してしまいます。乾燥にはただしく保湿をしてかゆみを抑えること最も重要です。そもそもアトピーとはどういう物か、乾燥に弱い肌に普通の保湿とアトピーの保湿の違いがあるのかなど紹介します。