アトピーで保湿は大切

アトピーは乾燥肌になるので一番のケア方法は保湿です。アトピーの肌には水分が足りなくて乾燥肌になります。むやみに保湿剤を塗っても肌を保護はしていても足りなくなった水分は肌に浸透しません。保湿をする前に水分で潤してから水分を逃がさないように保湿する事が大事です。患部を清潔に保つためにお風呂に入ります。この時熱いお風呂や長湯は逆に水分を逃がしてしまうので気を付けなくてはなりません。お風呂から上がったら、より乾燥してしまうので10分以内に保湿をするとより効果を得られます。

関連HP アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~】

病院で処方された保湿剤は医師や薬剤師の方が説明をしてくれるので安心ですが、市販の保湿剤を使用する場合は注意が必要です。市販の保湿剤の中に自分のアレルギーの原因物質が含まれている場合、塗ったことにより悪化してしまいます。顔に出ている場合も注意が必要です。いつものスキンケアプラス保湿剤ではなく、化粧水から保湿剤が一番有効なケアになります。乳液はとても刺激が強く保湿効果を望む事が出来ません。保湿をすると外部からの刺激から患部が守られ炎症が抑えられます。

アロマオイルを使って自分で保湿剤を作った時にも少しでも肌がピリピリしていたら刺激が強すぎるので使用しない方がいいです。保湿も自分の肌と相談をしながら上手に使う事が大切です。